恋活、彼氏彼女の作り方

恋活パーティー行ってきた!29歳女が3カ月で彼氏ゲットした恋活プラン

恋活パーティー行ってきた!29歳女が3カ月で彼氏ゲットした恋活プラン

〜恋活アドバイザーに聞く彼氏彼女の作り方 前編〜

どんな恋活してる?相席屋や合コンってどう?

恋活中の20代〜30代男女二人と、婚活アドバイザーから彼氏彼女の作り方を教わる

アドバイザ:今日は出会いが無くてなかなか恋人が出来ないとお悩みのお二人にアドバイスをと言う事で。

ミナコ:よろしくお願いします!

アドバイザ:では、恋人いない歴と好きなタイプを自己紹介代わりにお願いします。

ミナコ:はい、今26歳です。恋人いない歴は2年くらいになります。好みのタイプは趣味が合う人で、性格的にはやさしくて温厚な人が好きです。でも、次に付き合う人は結婚したいなと思っているので、できればお金持ち。

アドバイザ:いいですね。素直で。

ミナコ:最低年収500万ぐらいあって、欲を言えば1,000万はちょっと言いすぎかな(笑)700万〜800万くらいあったら…欲張りですかね?

アドバイザ:かなり欲張りましたね〜。でも今日はそんな高収入男性と出会える方法もお伝えできればと思います。

ミナコ:期待しています!

アドバイザ:今度は中川さん、お願いします。

中川:恋人は今3年半いません。31歳です。好みのタイプはキレイな方で、しっかりとした人が好きです。

アドバイザ:キレイで、しっかり者。

中川:欲を言えば、プラス身長が高い人、です。

アドバイザ:ちなみにお二人は、言ってもまだまだ30歳前後、アラサー世代じゃないですか。普段の生活で恋人をつくる機会は、まだまだあるとおもうのですが、どうですか?

中川:ないです。職場には同性ばかりで女性がいないので、出会いがありませんね。

ミナコ:私もありませんね。それこそ大学時代は合コンもあったんですけど、就職してからはめっきりなくなりました。

アドバイザ:ミナコさんもやっぱり、男性がいらっしゃらない職場ですか?

ミナコ:そうですね、いてもおじちゃん。結婚している人ばかりなので彼氏を作れる可能性は皆無ですね…。

アドバイザ:合コンとか、友達の紹介もないんですか?

中川:合コンは数カ月に1度あるかないか…。周りが年齢的に結婚し始めているので、昔ほど頻繁には開いてはくれませんね。こっちが開こうとしても、来ることができないとか、参加できないとかになるので、なかなか難しいですね。

アドバイザ:結構、周りは結婚している人が多くなってきてますか?

中川:多くなってきていますね。

アドバイザ:確かに、これからどんどん合コンとか減る一方になってきますよね。合コンでは彼女は作れなさそう?

中川:なかなか。出来そうもないですね、今は。

アドバイザ:ミナコさんは、そういうのはないんですか?

ミナコ:私の周りでも、結婚し始める友達がちらほら出てきたりとか、あとは彼氏がいる子が多いんですよね。だから、一緒に合コンに行ける友達もいないし、「紹介して。」とは言っているんですけど、実際には紹介してくれない。

アドバイザ:まあね…確かに。友達の紹介って上手く行かないケースも多いですね。

活動している恋活方法は?

アドバイザ:今二人は彼氏・彼女をつくるために、行動していることはありますか?

ミナコ:私は恋活始めました。

アドバイザ:いいですね。

ミナコ:ここ3カ月かぐらいなんですけど。最初恋活アプリから始めて、つい最近婚活、恋活パーティーデビューしました。

アドバイザ:中川さんはどうですか?

中川:自分は、趣味のコミュニティに参加したりとか、あと、婚活パーティーに行き始めました。

アドバイザ:趣味のサークルって何ですか?

中川:ビーチバレーです。春先から秋の手前ぐらいまでの期間限定なんですけど。

アドバイザ:なぜビーチバレーなんですか?

中川:面白そうだなと思って参加しました。

アドバイザ:そうなんですね。でもビーチバレーはバレーボール経験者が多かったりはしないんですか?

中川:このサークルは、むしろいないですね。

アドバイザ:じゃあ、活躍できますね。

中川:できます。

アドバイザ:女性はいるんですか?

中川:女性多いですね。半分以上、女性の会とかもあるので。

アドバイザ:そうなんですか。男女入り混じっても。

中川:入り混じっています。

アドバイザ:チームは固まっているんですか?

中川:いえもうそこは、その日に集まって、その日にチームを決めるみたいな形になります。ただ、そこまでアクティブな女性だと、やっぱり彼氏持ちがかなり多いので。

アドバイザ:ああ、そうか。

中川:そうなんですよ。

アドバイザ:確かに。参加条件に彼氏・彼女いない人というわけではないですよね。

中川:じゃないです。そうなんです。

ミナコ:社会人サークルに近い感じですか?

中川:そうなんです。

アドバイザ:いいなと思っても彼氏・彼女がいるという感じなんですね。でもお二人は、前向きに恋活しているんですね。

中川:そうですね。

彼氏、彼女が欲しい理由って?

アドバイザ:そもそもなぜ、彼氏・彼女が欲しいんですか?

中川:一人の時、ふと寂しくなりませんか?

アドバイザ:どんな時に寂しくなりますか?

中川:家事を終えて、時間が余った時とか。ふと。

アドバイザ:一人暮らしなんですか?

中川:そうです。一人暮らしなので、ふと虚しくなるんですよね。

アドバイザ:じゃあ、お料理を作ってくれる彼女がいるといいなあ…とか。

中川:あ〜!!!いいですね〜!

アドバイザ:お風呂に一緒に入れる彼女がいいなあ…とか。

中川:素晴らしいですね、大きいお風呂の家に引っ越さないと(笑)

アドバイザ:なるほど。ミナコさんはどうですか?

ミナコ:私も寂しいのはありますね。一人暮らしです。前の彼氏と同棲していたこともあって、余計一人の時間が寂しいなって思うところがあります。

あと、私自身、結婚願望があるので、30歳ぐらいには結婚したいなというのもありまして。

アドバイザ:そうですね、1人暮らしって思った以上に寂しいですね。

ミナコ:恋活を始めた理由のもう一つは、親に心配され始めるという。「あんたいい人いないの?」みたいな。そういうのもあってそろそろ。出会いもないしこのままじゃずっと彼氏できないぞ!っという感じでした。

アドバイザ:確かに適齢期の女性が一人だと、彼氏もいないとなると、親御さんは心配ですよね。

ミナコ:そうなんですよ。おばあちゃんとかにも言われたりして。

アドバイザ:おばあちゃんからは結構重いですね。

ミナコ:重いんですよ。

親からいい人いないのかと言われてプレッシャーから恋活を始める女性も多い

アドバイザ:じゃあお二人とも「恋人をつくらなきゃ!」くらいの強い気持ちで、恋活されているんですね。

中川:はい。

アドバイザ:恋活始めてみて、いい出会いはありましたか?

中川:いい出会いはありましたね。婚活パーティーで知り合った人なんですけど、その人とは、よく遊んだりご飯は行きますね。

アドバイザ:その女性とは、まだ恋人関係には…?

中川:なっていませんね。まだ他に、いい人がいるかも?という期待をもってしまっているので。

アドバイザ:ミナコさんはどんな感じですか?

ミナコ:私もいろいろな人に会ったり、告白されたこともあったりとか。フッてしまったんですけど。

アドバイザ:なんか、楽しい。恋愛じゃないですか。

ミナコ:そうなんですよ。恋愛できるようになりました!今まで2年ぐらいずっと寂しかったのに、急に色気づいちゃって(笑)

「もうちょっと早く婚活・恋活すれば良かったな。」みたいなところはありますけど。でもいまだに、「この人と結婚したい。」とか「お付き合いしたい。」と思える人には、まだ出会えていないです。

アドバイザ:そうなんですね。いろいろ出会いはありつつも、まだ、恋人までは見つかっていないという感じなんですね。

今はやりの相席居酒屋「相席屋」いったことある?

アドバイザ:今話題の相席屋はご存知ですか?

中川:はい。行った事あります。

ミナコ:私も知ってはいますけど、ちょっとチャラそうな人多そうで怖くてまだ行けないし、あと、友達を誘えないので「一人ってハードル高いな。」っていうのがあって。

アドバイザ:確かに。相席屋に一人で参加されている女性はあまりいらっしゃらないですよね。

中川:いないですね。見たことないです。

アドバイザ:相席屋って賛否両論なんですが、どうでしたか?

中川:正直、個人的に恋活の場でいえば「なし」ですね。3、4回行きましたけど、いい出会いはありませんね。ただお金だけがムダに飛んでいく感じですね。

アドバイザ:ちなみに、どんな感じですか?女性の年齢や雰囲気は。

中川:え〜っと、1回だけ、40〜50代ぐらいの女性と相席になりそうで、あわてて順番を後ろの男性たちに譲ったことがありましたけど。

アドバイザ:後ろの男性たちは、その40〜50代の女性と話をされたんですね。

中川:かもしれませんね。待っている時に「次の女性のお客様が来ましたけど、どうします?」って聞かれたので。

アドバイザ:わかるんですか?その40〜50代ぐらいの女性というのは。

中川:もう、ストレートに、「何歳ぐらいですか?」って聞いたら、店員さんが困ったように黙って、最後に出た言葉が「40〜50代です。」だったので「チェンジで。」って言いました。

アドバイザ:40〜50代はさすがに、彼女にはちょっと…。

ミナコ:それ、結婚している方じゃないんですかね。

中川:おそらくそうだと思います。

アドバイザ:相席屋って婚活居酒屋とは言っていますが、公式サイトに「彼氏彼女がいない人」とか「結婚していない人」という言葉はないんですよね。

中川:じゃないですね、だから結構いると思います。

アドバイザ:ちょっと、こんな言い方は失礼ですけど迷惑ですね。

中川:すごい迷惑です。

アドバイザ:相席屋はイマイチ…出会えずという。でも、40〜50代じゃない人もいらっしゃったんでしょ?

中川:20代もいるんですけど、なんか…違いますね。終電逃しちゃった系が多いので。

ミナコ:あれですか?パーティーピーポー的な(笑)

中川:そうですね、ノリは良かったですが、彼女にしたいタイプではない(笑)

アドバイザ:1回でどれぐらいの人数と出会えましたか?

中川:1回で2人から4人ですね。

アドバイザ:何時間ずつぐらいいて。

中川:1時間で2〜4人だったので。それでも8,000円くらい出したんですよ。

アドバイザ:4人と出会って8,000円は合コンよりも高いですね。

中川:高いです。だったら合コン行きます。

アドバイザ:全然知らない女性じゃないですか。会話はどうでしたか?

中川:やっぱり難しいです。婚活みたいにプロフィールシートもあるわけじゃないので。

アドバイザ:話題を探すのが大変ですよね。

中川:大変ですね。

アドバイザ:前情報がないと。

中川:年齢も聞いていいのかどうか、わかりませんし。

アドバイザ:確かにそうですね、失礼にならないかどうか。

中川:言ったとしても本当かどうかわかりませんから。

アドバイザ:確かにそうですね。気軽に異性と話がしたいという軽い気持ちの時に、参加するような感じなんですね。

ミナコ:そう聞くと、安めなキャバクラのイメージなんですけど。

アドバイザ:安めのホストクラブ、安めのキャバクラみたいな。

ミナコ:そうですね。

アドバイザ:そっちで安いですけどね、多分。でもそんなにサービスがいいわけではないですからね。

中川:そうそうそう。

ミナコ:確かに。

アドバイザ:恋活とか婚活というくくりで言うと、相席屋はちょっと…適切ではないのかもしれませんね。

街コンは参加した事ある?街コンで彼氏彼女は作れるの?

アドバイザ:街コンとか参加された方はいらっしゃいますか?

中川:自分はないですね。

ミナコ:街コンは二人で一組なので、興味はあってもなかなか行けないですね。一人で行ける合コンは行ったことがあるんですけど。

アドバイザ:街コンもちょっと相席屋に近い感じなんですよ。企画によっては「恋人がいる人と既婚者は参加できない」というくくりがないので。だから「イイ感じだな。」と思っても既婚者だったというのはよくありますし。

ミナコ:そういえば、友達に街コン一回誘われたんですけど、その子既婚者だったな〜。もちろん断りました。

アドバイザ:やはり(笑)中川さん、相席屋で、いろんな人としゃべりたいけど席を移動するタイミングがなかなかつかめない、ということはありませんでしたか?

中川:ありました。

アドバイザ:ありますよね。街コンも同じです。話をどう切り上げて席を移動するかが難しいので。それが割り切ってできる人はいいのかもしれないですけど、真剣に彼氏・彼女が欲しい人、恋活には向かないですね。

中川:ですね。

アドバイザ:今「一人で参加できる合コンには参加したことがある。」っておっしゃったじゃないですか。それは合コンセッティングサービスをご利用されたんですか?

ミナコ:そうです。Rushっていう合コンのサービスがあって、そこは私が行ったことがあるパーティパーティーという恋活パーティーの合コン版です。メールで見て興味があって1回行ったことがあります。

アドバイザ:中川さんご存知ですか?合コンセッティングサービスあるんですよ。

中川:初めて聞きました。どんな…?一人で?

アドバイザ:一人で参加できる合コンですね。例えば、男性だったら男性同士の友達と知らない女性同士のグループをマッチングさせて合コンをセッティングするパターン。あとは、一人一人が集まって合コンに参加するパターンもあります。

中川:それは「彼氏・彼女いない人、恋人募集中の人」というくくりがあるので、彼氏・彼女をつくりたい人には悪くはないですね。

ミナコ:そうですね、「司会者がいない恋活パーティー」に感じが近いかなと思います。店の予約とかメンバー集めは業者側がやってくれて、当日行って、参加者だけで進めて、あとはご自由にどうぞみたいな感じですね。

中川:一人一人が参加するものも、司会者はいなく?

ミナコ:いないです。

アドバイザ:積極的な人はいいかもしれないですね。若干、一人一人が集まった場合は、相手のことを誰も知らないので、話題を探すのが大変とかはありそうですね。

ミナコ:そういえばそうでしたね。仲良くなるまでに時間がかかりました。

アドバイザ:あと司会者がいない分、「連絡先の交換をしましょう。」というような声かけもないので、そのへんも自分で頑張って「連絡先交換しようよ。」というような空気をつくってやっていかないといけない感じですね。だから、ホントに「単純に合コンをしたい」という場合にはいいですね。

中川:ミナコさんはその時に番号交換はしたんですか?

ミナコ:「全員交換しようか。」みたいな流れになったので、交換しました。残念ながらその後音沙汰なしですが。

アドバイザ:一人でもリーダー的に取り仕切る人がいると楽ですね。みんな人見知りタイプというか、会話を誘導するタイプがいないと、結構ツライ会になります。

チーン…みたいな。そういうのがわかって振り分けられればいいんでしょうけど、そういうのじゃない。単純に「場所と日時と」というのでセッティングされるので。でも、ミナコさん的には結構良かったですか?その合コンは。

ミナコ:うーーーん…。恋活パーティーの方が好みですね。両方経験した限り。やっぱり司会者がいる方がスムーズだなと思いました。

アドバイザ:具体的にこの辺が良かったとか、悪かったとかありますか?

ミナコ:恋活パーティーですか?

アドバイザ:そうそう。恋活パーティーと合コンセッティングサービスを比較して。

ミナコ:恋活パーティーはテーマが結構決められているので、同じ価値観というか、例えば「3カ月以内に付き合いたい人限定」でとか、「映画が好きな人限定」とかそういうテーマがあるので、同じ趣味の人に出会ったりとか、似ている考えを持っている彼氏、彼女が欲しい人にとっては良いですね。

アドバイザ:なるほど。合コンセッティングだとホント、日時と場所だけなので。まあ、悪くはないですけどね。

ミナコ:あ、そういえば、パーティーは年齢の近い人と出会えましたね。

アドバイザ:確かに合コンセッティングサービスの方は、どんな人が参加してくるかがわからないので相手を選べないというのはありますね。中川さんもパーティーに参加されたんですよね。恋活パーティー?

中川:婚活パーティーの方で、お見合いパーティーみたいな感じの。さっきミナコさんが行ってたパーティーパーティーです。

アドバイザ:どうでしたか?

中川:良かったですね。正直、合コンよりもパーティーに参加する方が僕はいいですね。

アドバイザ:どういう点が良かったですか?

中川:相手もそれなりに真剣に参加しているので、その後の発展がしやすいというのが一番。それに、参加したパーティーに変な女性がいなかったので、全員、彼女にしても大丈夫なレベルでした。

アドバイザ:結構、合コンで痛い目をみられたタイプですか?

中川:あ〜〜〜そうですね。

アドバイザ:わりと「彼氏・彼女が欲しい」ぐらいの感じだと、婚活パーティーへの参加に障壁を感じて、合コンを望まれる方が多いんですけど、多分中川さんみたいに「合コンではだめだ」と思われた方の多くは、婚活・恋活パーティーに参加されるみたいですね。

中川:そうなんですね。

アドバイザ:合コンで彼氏彼女を作るのは難しいですね。一般的には。

中川:最近は合コンではなくてもう、お食事会みたいな名前に変わっていますよね。

アドバイザ:そうです。お食事会、飲み会っていう。合コンって言っていたのはホント昔の話で。ガツガツするのがカッコ悪いみたいな風潮が、今の20代ぐらいの人には多いみたいで。だから男性も「連絡先交換しよう。」って全然言ってこないし、女性は「聞かれて教える」というのがステータスなので、「自分から聞くなんて、そんなことはしたくない。」とか。それでお互いに聞かずに終わるみたいな。

中川:発展がないんですね。

アドバイザ:発展がないまま終わってしまうんですよね。あと、合コンの鉄則って知っていますか?

中川:あんまりわからないですね。

ミナコ:鉄則?なんですか?

アドバイザ:女性の場合なんですけど、幹事の女性がどういう人か、顔とかも知っておくべきなんですよ。何故かと言うと、基本的に女性は、自分よりも可愛い女性・キレイな女性を合コンには呼ばないんです。なので、幹事になる女性の可愛さがMaxだと思った方がいいですね。

アドバイザ:どうですか?中川さん、経験ありませんか?

中川:ありますね。確かにね。

アドバイザ:絶対、幹事が一番可愛いんですよ。

中川:すごくわかります。

アドバイザ:だから、「合コンに来た女性陣がみんな可愛い。」というのはなかなかないですね。

中川:経験したことがないですね。

アドバイザ:そうなんですよ。これが、合コンの実態です。だからやっぱり、恋活パーティーだとか、そういった既婚者がいなくて、1人参加出来る所を選ぶ方が良いです。

恋活座談会の後編を読む ⇒

記事一覧

体験談

座談会